講師の質

「質」というのは、「英語力」、「指導力」、そしてもっとも大事な「教育に対する熱意」ですね。

 「英語力」は、上記にも挙げた自己紹介ビデオでいくらかチェックできますが、「指導力」「教育に対する熱意」はレッスンを受けない限りは分からないですね。

 これまた個人的見解ですが、「学生」の講師はハズレが多いです。「小遣い稼ぎ」の感覚で英会話講師をしているのでしょうか、教育に対する熱意のある先生(学生講師)は少ないです。それに学生講師は指導経験が少ないだけに教え方がうまいとはいえないです。

 もちろん良い学生講師もいるんですよ。でも、良い先生の割合が少ないですね。(まあ、管理人がアラフォーだから、若い学生さんとは波長が合わなかった可能性も否定できませんが。。。)

 あと、学生講師に限らず、「講師が自宅からレッスンをする」というシステムのスクールは講師の管理が甘くなっている傾向があるように思います。

 

 

 

失敗しないスクールの選び方!

・ネイティブ(欧米人) vs. フィリピン人
・マンツーマンレッスン vs. グループレッスン
・開講時間

・予約の取りやすさ
・スクールのカラー

・レッスンのコース
・講師の質
・レッスン料
・日本語対応可能かどうか or 日本人講師
・口コミ情報のチェック

 

 

上記のチェックポイントを確認したら

→ スクール選びの実際  

→ レッスンを受けてみよう!

とお進み下さい

 

 

おすすめスクール紹介も参考にどうぞ。