スクールのカラー

スクールのカラーというのは確かにあります。

 

おおざっぱに分けると、「おしゃべり系」「お勉強系」です。

 

「おしゃべり系」のスクールは、フリートークでのレッスンが主体になります。あくまでも個人的見解ですが、この手のスクールはかなりの確率で今イチです。「英語のしゃべれるフィリピン人をとりあえずかき集めて、生徒としゃべらせる」という経営者の安易な経営方針が透けて見えます。

 

「おしゃべり系」スクールだけど、ちょっと例外扱いしたくなるスクールがあります。

それは、ぐんぐん英会話

 ここは社長のポリシー『オンライン英会話は「外国人の友達とおしゃべりする場所」』がいいように反映されてます(「日本人はなぜ英語が苦手なのか?-- フィリピン人に学ぶ英語習得法」 出典 Japan.Internet.com)。

先生にもよりますが、おしゃべりの流れを切らさないようにさりげなく指導を入れていくそのレッスンスタイルは見事です。

 

「お勉強系」スクールでは、レッスンにオリジナル・市販のテキストを用い、比較的系統立ったレッスンを受けることができます。学習効率の面ではこういったスクールの方が間違いなくいいでしょう。「お勉強系」といっても、必ずしもテキストを使う必要はないので、気分によっては気楽にフリートークを楽しむこともできます。

 

 

 

失敗しないスクールの選び方!

・ネイティブ(欧米人) vs. フィリピン人
・マンツーマンレッスン vs. グループレッスン
・開講時間

・予約の取りやすさ
・スクールのカラー

・レッスンのコース
・講師の質
・レッスン料
・日本語対応可能かどうか or 日本人講師
・口コミ情報のチェック

 

 

上記のチェックポイントを確認したら

→ スクール選びの実際  

→ レッスンを受けてみよう!

とお進み下さい

 

 

おすすめスクール紹介も参考にどうぞ。